会社案内

社長メッセージ

時代の変化に対応した世のため人のために役立つ木工製品をつくり続ける

タイトル

ナウエ株式会社は、昭和24年に父である名上三郎が名上建具店として創業したのが始まりです。

振り返れば、創業から約70年。ナウエ株式会社は、社会の変化とともに主力製品を変え大きく発展してきたように思います。

創業当時は、社会の復興とともに増え続けた住宅建築を支える建具店として。

昭和30〜40年代の高度経済成長期は、木工部門に進出し、大手電気メーカーの下請けとしてテレビやステレオの木製キャビネットの大量生産を請け負う工場として。

昭和50~60年代、学校に子どもが最も多かった時代には、大手事務機メーカーから勉強机の大量生産供給を請け負う工場として。

私たちは、その時代に求められるものを生産し続けてきました。

豊かになる生活に伴って必要なものを大量に生産し供給することが社会の課題であった昭和時代。ナウエ株式会社は、建具・木工を通して充分な貢献をしてきたと思っています。

しかし、平成に入り、少子化問題、東南アジアを中心とした生産工場のグローバル化など状況は一変。事業の見直しが必要になりました。

私は、「ナウエが最も得意としてきたことは何か」「今起きている社会の変化は何なのか」を考えました。

ナウエが最も得意としてきたことは、

です。

そして、今起きている社会の変化は、

でした。

公共施設・住宅のリノベーションは社会の課題として表面化し、造作家具はリノベーションに必要なパーツとして注目され始めました。

そして、この社会の新しい機会に対して、わたしたちの培ってきた技術、つまり最も得意とすることは生かされ、ナウエの主力業務は造作家具の生産に変わっていきました。

造作家具の生産は、多品種対応、小ロット対応、大量生産キャパシティなどが求められ、それを確実に生産可能するシステムも必要とされます。ここでもナウエの強みである、最新の機械・設備を生産システムに応用する着想力が生かされ、お客様からの多様なオーダーにお応えできるOEM工場を実現することができました。

仕事の内容は創業当時からずいぶんと変わりましたが、創業者である父親のものづくりに対する真摯な姿勢はしっかりと引き継ぎいています。

これからも、時代の変化に対応した世のため人のために役立つ木工製品をつくり続けるために、誰よりも先駆けて新しい技術に挑戦し、人材を育て、飛騨古川を代表する企業として社会に貢献していきたいと思っています。

そして、システマチックな生産工場を基盤とする新しい木工所のイメージを創っていきたいと思っています。

タイトル

ページの先頭へ戻る